[PR]

 豚やイノシシがかかる伝染病「豚コレラ」の感染拡大を防ぐため、農林水産省は20日、養豚場で飼われている豚にワクチンを接種する方針を決め、発表した。都道府県知事の判断で接種が可能になるよう、国の防疫指針を見直す。接種する地域は専門家らによる審議会の議論も踏まえて決める。このため、実際に実施するまでには一定期間がかかるとみられる。また、メーカーにはワクチンの増産を要請することも決めた。