[PR]

 ビール大手各社が、20日開幕したラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を商機と捉えて販売を強めている。ラグビーファンのビール消費量は多いといい、製造量を3倍に増やすメーカーも。縮小が続くビール市場にとって千載一遇のチャンスになりそうだ。

 サッポロホールディングス傘下の「ザ ダブリナーズ アイリッシュ パブ 新宿店」では、開幕前日の19日に多くの外国人客が来店。客数は普段の2倍の162人に達し、4倍のビールが売れたという。

 大会公式スポンサー、ハイネケン(オランダ)のビールを国内で製造販売するキリンビールは、9~11月の販売量を約2・2倍と見込む。9月の製造予定は前年比3・4倍に増やす予定だ。

 アサヒビールは、ビアホールな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら