[PR]

 米プロバスケットボールNBAのマーベリックスは19日、日本代表の馬場雄大(23)と契約を結んだと発表した。馬場は、Bリーグ1部で昨季連覇を達成したA東京でプレーし、17日にNBA挑戦を表明、その後渡米していた。BリーグからNBA球団と契約した選手は初。背番号は18に決まり、10月の開幕に向けたトレーニングキャンプに参加する20人のリストに入った。

 NBA球団との契約形態には、本契約のほか、下部リーグ(Gリーグ)に所属しながら最大45日間NBAに登録できる「ツーウェー契約」や、開幕前までに本契約かツーウェー契約、あるいはGリーグ契約のいずれかを球団が選択する「エキシビット10」などがある。マーベリックスの公式サイトによると、馬場はエキシビット10で、キャンプでアピールし、今後の本契約と開幕ロスター入りを狙う。

 馬場は富山市出身で、身長198センチ。今夏は、若手の登竜門と言われるNBAサマーリーグにマーベリックスの一員として参加していた。日本代表として参加したワールドカップ(W杯)では主力を担い、米国戦でチーム最多の18点を記録した。