[PR]

 俳優で歌手の吉田栄作さんが、出身地の神奈川県秦野市の「はだのふるさと大使」に就任する。28~29日に市内である「秦野たばこ祭」の冒頭で任命式に臨み、市内をパレードする。

 はだのふるさと大使は新設された市のPR役で、吉田さんが最初の大使となる。市は今後、市の魅力発信やイメージアップに協力してもらう。また、たばこ祭のエグゼクティブアドバイザーにもなってもらい、祭を盛り上げてもらう。

 任命式は28日午後0時半から、市役所そばの市立本町小学校の特設ステージであり、吉田さんのトークショーもある。1時10分からは祭のオープニングパレードに参加し、市中心部をオープンカーで巡る。

 秦野たばこ祭は、市がかつて江戸時代から続いた葉タバコの産地だったことから、先人の情熱を「火」に例えた様々な催しなどを展開。今年で72回目になる。29日午後7時半からは、過去最多という約3千発の打ち上げ花火もある。問い合わせは、実行委員会事務局の市観光振興課(0463・82・5111)へ。(豊平森)