[PR]

 かんぽ生命保険の不適切販売問題で、10月に予定される保険営業の再開について、日本郵政グループが再延期の可能性も含め最終的な検討に入った。顧客対応や原因究明が道半ばでの再開に批判が続出し、総務省や金融庁でも懸念の声が出ている。こうした状況を受け、ぎりぎりの調整が月末まで続きそうだ。

 保険商品の不適切販売が大量に発覚したことを受け、かんぽ生命と日本郵便は7月中旬から積極的な営業を控えてきた。当初は9月に再開する方針だったが、不適切な疑いのある契約が18万件を超え、調査にも時間がかかるため、再開時期は「10月から段階的に」と延期していた。

 ここへきて「再延期論」が浮上するきっかけの一つは、今月11日の内閣改造で総務相に高市早苗氏が再登板したことだ。

 高市氏が就任直後に一連の問題…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら