[PR]

 記録的な大雨で被害が出た佐賀県武雄市では、「ちゃんぽん街道」と呼ばれるエリアも被災した。地元で親しまれるちゃんぽんを出す店が多く並んでおり、店の中にはなじみの味を待つ人々に後押しされながら、再開に向けた作業が進められている。

 同市北方町を東西に走る国道34号沿いにある「井手ちゃんぽん本店」。今月中旬に訪れると、座敷席の畳ははがされ、カウンター席のいすも撤去されていた。厨房(ちゅうぼう)では、男性店員がペンキで壁を緑色に塗り直す作業を続けていた。

 「井手ちゃんぽん」は県内だけでなく、福岡や長崎、大分県などにも計12店ある。本店は創業70年。初代が始めた「千十里食堂」がルーツで、野菜がこんもりと載ったちゃんぽんは地域の人々に愛されてきた。

 3代目社長の井手良輔さん(47)によると、大雨が降った8月28日、店内は1メートルほど浸水した。業務用の大型冷蔵庫は倒れ、ガスレンジなどは故障。300~400杯分の麺と野菜は廃棄せざるを得なかった。床や壁、窓も泥にまみれた。

 今は店の清掃などをしながら、特注の厨房(ちゅうぼう)機器が届くのを待つ状態。10月中の営業再開を目指している。

 困難な状況の下、支えてくれた…

この記事は有料会員記事です。残り572文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら