[PR]

 2020年の米大統領選に向けた野党・民主党の候補者指名争いで、ニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏(58)は20日、選挙戦から撤退することを明らかにした。撤退した主要候補者はこれで6人目で、候補者数は計19人となった。

 デブラシオ氏は、MSNBCのテレビ番組で「この候補者指名争いに全力を尽くしたが、明らかにうまくいかなかった。大統領選を終わらせるつもりだ」と述べた。

 デブラシオ氏は、トランプ大統領の出身地でもあるニューヨーク市長としての実績を売りに5月、立候補を表明した。「トランプ氏が弱い者いじめだと知っている」として、トランプ氏を攻撃したが、各世論調査では低迷。とくに地元ニューヨークで支持が広がらず、今月に開かれた第3回テレビ討論会でも、参加要件を満たせていなかった。

 デブラシオ氏の撤退について、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら