[PR]

(20日、ラグビーW杯 日本30―10)

 後半6分、日本は南アフリカ出身のピーター・ラブスカフニ(30)が相手ボールを奪い、独走トライを決めて20―7とロシアを突き放した。チーム全体に硬さが目立った序盤、松島幸太朗(26)の最初のトライを演出したのは、サモア出身のラファエレ・ティモシー(28)の好パスだ。

 この夜の日本は先発15人のう…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら