[PR]

 群馬県安中市松井田町にある国の重要文化財「旧碓氷峠鉄道施設」のトンネルで5月、落書きの被害が見つかった。2月には近くのJR信越線の廃線区間でレールが切断される被害もあった。人の目が届きにくい山間部にある鉄道遺産だけに、市は対策の難しさに頭を悩ませている。

 落書きが見つかったのは「第17隧道(ずいどう)」と呼ばれる長さ約175メートルのれんが造りのトンネル。東側入り口付近の左右の壁面に、人の顔やアルファベットが、水色やピンクのスプレー塗料のようなもので書かれていた。市は文化庁の指導を受けて、7月下旬から約1カ月かけて落書きを消す修復作業をした。

 また市は安中署に被害届を提出。署は文化財保護法違反の疑いで捜査しているが、今まで検挙には至っていない。

 現場は国道18号(旧道)から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら