[PR]

 授業をボイコットして地球温暖化を食い止めるための行動を大人たちに迫る「学校ストライキ」を始めたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)。20日、滞在中のニューヨークで世界一斉デモに参加した後、地元の若者が開いた集会に参加し、23日の国連気候行動サミットに向けて、世界のリーダーたちに気候危機への取り組みを促すよう訴えた。主な発言は以下の通り。

     ◇

 歴史的な日に、みなさんとここにいられて光栄です。世界中で、400万人がストライキをしました。まだ増えている途中です。これは歴史上、最大の気候ストライキです。ありがとう。

 いくつか数字を紹介させてください。豪州は35万人、ロンドンでは10万人、ベルリンでは27万人、ダブリンでは2万5千人がストに参加しました。ドイツだけで150万人です。世界の150カ国以上、全大陸でストが行われました。全ての大陸でです。南極大陸でも、ストが実施されたんです。

 きょう、私たちは学校に行きませんでした。仕事に行かなかった大人たちもいます。

 なぜでしょうか。緊急事態だか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら