台湾の独立運動家・歴史家で、蔡英文(ツァイインウェン)政権の助言役にあたる「総統府資政」にも任命されていた史明(シーミン)さん(本名・施朝暉)が20日、台北市内の病院で死去した。100歳だった。

 日本統治時代に早稲田大で学び、中国本土、台湾で共産主義運動に参加した。1952年、国民党独裁下の台湾から日本へ逃れ、東京・池袋で中華料理店を営みながら台湾独立を主張する運動を組織。戒厳令解除後の93年に台湾に戻った。著書に「台湾人四百年史」などがある。(西本秀