[PR]

 海外出張先で長時間労働の末に肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)を発症して亡くなっても、労災と認められない。そんな国の過労死認定の是非を問う裁判が、大阪高裁で争われている。国が過労死の対象疾病に指定していない病気では、労災認定のハードルは高く、専門家は「国は前向きに認定すべきだ」と指摘する。

 「やはりハードル高いわ。僕は未(ま)だ仕事してから寝ます」「一人ぼっちなので泣きそうになります。大人だし頑張るよ」

 遺族側によると、電池メーカーに勤めていた男性(当時36)は中国出張中の2013年1月深夜、妻に仕事の厳しさを伝えるメールを送った。その後も出張を続けたが、3日後の朝、ホテルの客室で死亡しているのが見つかった。出張6日目だった。

 男性は00年春、大手電機メー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら