大蔵流狂言師の五世茂山千作(しげやま・せんさく、本名茂山正義〈しげやま・まさよし〉)さんが21日午前6時30分、膵臓(すいぞう)がんで死去した。74歳だった。通夜は23日午後7時、葬儀は24日午後1時から京都市左京区正往寺町457の大蓮寺で。喪主は長男の十四世茂山千五郎さん。

 京都で江戸時代から続く狂言大蔵流の茂山千五郎家の長男として生まれた。父は四世千作さん。1949年に「以呂波(いろは)」のシテ(主役)で初舞台を踏み、66年、一人前の狂言師と認められるための難関とされる、大曲「釣狐(つりぎつね)」を初演。弟の二世七五三(しめ)さんと千三郎さん、いとこのあきらさんと「花形狂言会」を主宰し、新しい観客の掘り起こしに努めると共に、復曲や新作狂言に積極的に取り組んだ。

 94年に当主名である千五郎を、十三世として襲名。2016年、千五郎の名を長男に譲り、隠居名である千作を名乗った。今年8月半ばに体調を崩して入院し、病気が判明したという。23日に出演予定だった京都で開かれる父・四世千作さんの生誕100年を記念する「茂山狂言会」は千五郎さんが代役を務める。