[PR]

畠山健介の目

 ボーナスポイント(4トライ以上)を含めて勝ち点5を獲得した結果でも、試合後の日本の選手たちを見たら、誰も満足な表情を浮かべていなかった。8強を目指す上で、多くの課題を得られたと思えば、悪くない初戦だと評価できる。

 簡単なミスが多かったが、スクラムは100%、ラインアウトもほぼ100%でボールを確保できた。開幕戦という独特の緊張感の中、フッカー堀江ら経験のある選手がチームを引っ張っていた。交代出場のSH田中、SO松田もいいプレーをしていた。

 FW第1列の観点からすれば、後半14分、自陣深くで相手ボールのスクラムというピンチで、プロップの中島と具智元が同時投入されたことが目を引いた。

 あのタイミングの交代は(2人のスクラムの強さへの)指導陣の厚い信頼の表れで、意気に感じたはず。結果としてピンチを防ぎ、チームに勢いを戻すスクラムを組んだ。

 他の試合を見ると、強豪は形勢…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら