[PR]

(22日、ラグビーW杯 アイルランド27-3スコットランド)

 スコットランドのタウンゼンド監督は「もっと積極的に戦わなければいけなかった」と悔やんだ。格上相手に、様子を見るような試合の入り。流れをつかめなかった。ノートライに封じられ、攻撃の起点となるFBホッグは「激しく賢く守られ、厳しかった」と振り返った。同じA組の日本とは1次リーグ最終戦(10月13日)で戦う。主将のマキナリーは「A組の行方がこの試合で決まったわけではない。これを乗り越え、教訓を得る。タフな3試合が残っているんだから」。