[PR]

(22日、プロ野球 ソフトバンク6-5オリックス)

 土壇場で、主役が目覚めた。ソフトバンク・柳田のバットに快音が戻った。

 同点の六回無死一塁。145キロのカットボールをフルスイングした。打球は右中間を破り、転々とフェンスまで。「いいところに飛んでくれた」と、勝ち越しの適時三塁打になった。

 4月に負った左ひざ付近のケガが長引き、1軍に復帰したのが8月下旬。徐々に打撃の感覚を取り戻し、復帰後の打率はようやく2割台に乗ったところだ。代名詞ともいえる本塁打は、もう17試合出ていない。

 打線は7試合連続1桁安打と低…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも