[PR]

 東京都大田区の「大森 海苔(のり)のふるさと館」(平和の森公園)で22日、ハーブを使って香り袋(サシェ)をつくる催しがあった。参加した親子連れらは、ハーブとともに袋に入れる紙に絵を描いたり、シールを貼ったりして、思い思いの作品づくりを楽しんでいた。

 ふるさと館では、ローズマリーやタイムといったハーブを育てている。こうしたハーブを乾燥させ、サシェをこしらえた。区内から訪れた田端希海さん(4)はラベンダーなどを入れた袋の口をリボンで結び、サシェを仕上げ、「うまくできた」と笑顔で話した。(河井健)