【動画】史跡公園になっている尼寺廃寺跡=田中祐也撮影
[PR]

 聖徳太子の死後、遺体を運んだとされる「太子道」は、奈良県斑鳩町から大阪府太子町までを通る。

 香芝市北部の尼寺廃寺(7世紀後半、国史跡)は太子道沿いに立っていたとされる大寺だ。1991年度から発掘調査が始まり、金堂跡や塔跡、中門や回廊などが見つかった。

 とくに96年の塔跡の調査では、心柱を据える心礎(しんそ)(礎石)が見つかり、約3・8メートルという大きさが話題になった。7世紀後半では最大規模の塔があったと考えられたが、そんな寺にもかかわらず、文献にほとんど登場しないため、「幻の大寺」と呼ばれた。

 その後、四半世紀かけて整備が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら