[PR]

 2020年度から小学校を皮切りに順次導入される新しい学習指導要領では、教育基本法が定める「学力の3要素」を重視して授業を進めるよう求めている。文部科学省は大学入試でも、従来の「知識・技能の確実な習得」「思考力・判断力・表現力」に加えて、学習指導要領に掲げた「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を多面的・総合的に評価するよう求めている。

 これまで主体性などは、AO入試(20年度から総合型選抜)や推薦入試(同学校推薦型選抜)で重視されてきた。だが、文科省は入試改革の一環として、一般選抜でも積極的に採り入れるよう大学に求めている。

 主体性などを評価する際の資料は、①高校がその生徒の特徴や部活動の実績などをまとめた調査書②志願者本人が書いた活動報告や入学希望理由書といった資料③面接や集団討論、プレゼンテーションなどの評価やエッセーなどの資料――に大別される。

 調査書はこれまでも大学側に提…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら