[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は23日、これまで禁止していた試合会場への飲食物の持ち込みについて、食べ物に限って容認すると発表した。23日の試合から実施した。開幕戦以降、観客からの苦情が相次いでおり、方針を変更した。

 20日に東京スタジアム(東京都調布市)であった日本―ロシアの開幕戦などでは、会場内の売店に長い行列ができたり、食べ物が売り切れたりして、問題視されていた。23日以降に会場に持ち込める食べ物は、個人が消費できる量に限る。飲み物についてはビンや缶などのグラウンドへの投げ込み防止などの理由で引き続き持ち込めないが、水筒は容認されている。また、全試合会場に無料の給水場が用意されている。

 ラグビーW杯の飲食物提供を巡っては、ビール好きの多い海外客に対応するため、組織委はビールの売り子を場内に配置するなど準備を進めていた。一方で食べ物も求める日本の観客への対応がおろそかになっており、組織委幹部は「国内外のファンの観戦文化の違いが出た」と語った。

 22日に横浜であったアイルラ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら