[PR]

 大型の台風17号の接近にともない、交通機関も大きく乱れた。福岡市の福岡空港では昼過ぎ、航空会社の職員に問い合わせたり、飛行機の運航案内を確認したりする人の姿が見られた。

 夏休みで福岡に帰省していた東京都江東区の男性会社員(34)は、予約していた便の欠航を知らせるメールに気づかないまま空港に来た。早い便に振り替えることができたといい、「運良く乗れてよかった。帰れなかったらどうしようかと心配でした」と話した。

 夕方以降の便はほとんど欠航になったため、午後4時半ごろには人もまばらに。弟の結婚式のために福岡県久留米市に帰省していた横浜市の公務員の男性(26)は、予約していた便が欠航になった。翌23日の便も予約がいっぱいだったため、24日に帰ることを職場の上司に伝えたという。「もっと早めに手配しておけばよかった。本当は明日中に帰りたかったけど、仕方がありません」

 福岡市のJR博多駅では22日夕、運行案内を見て立ち往生する人や、携帯電話で台風情報を確認する人であふれかえった。

 団体ツアーで広島から長崎へ旅行し、博多駅で帰りの新幹線を待っていた60代の女性は、台風の影響で帰る予定が早まったという。「教会を見学できなくて残念だったけど、ハウステンボスは最高だったし、なんとか帰れそうなのでよかったです」と話した。

長崎の路面電車運休「台風では数年ぶり」

 22日午後に台風17号の暴風域(風速25メートル以上)に入った長崎市では、長崎電気軌道が市内で運行する路面電車を午後5時半から順次、運休した。風速が規定値を超えたためで、同社によると、台風の影響による運休は数年ぶりという。

 JR九州は福岡・博多と長崎を結ぶ特急「かもめ」、佐世保を結ぶ「みどり」などを午後3時過ぎから上下線ともに運休した。(横山輝)