[PR]

 小泉進次郎環境相は22日、出張先のニューヨークでの共同会見で「気候変動のような大きな規模の問題に取り組むことは、楽しく、クールで、セクシーに違いない」と英語で述べた。小泉氏はその後、国連本部で開かれた都市の脱炭素化に関するイベントに出席しており、日本として気候変動問題に貢献していく姿勢も示した。

 小泉氏は共同会見で「気候変動に取り組むことはいいことで、またセクシーだ」とする知人の発言を紹介し、「私自身も同意した」などと語った。くだけた英語表現を多用し、小泉氏は米国内でも率直に自らの考えを発信したが、「セクシー」などの言い回しは物議を醸しそうだ。

 小泉氏はイベントの中では、英語で演説。大臣として本格外交デビューとなる演説で、日本が近年、地球温暖化対策を主導してこなかったことを認め、「今日からの私たち(日本)は違う」と語った。

 ドイツのスベーニャ・シュルツ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら