[PR]

 23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の住宅から女性の声で「助けて」と110番通報があった。警察官が駆けつけたところ、この家に住む40代の男性と50代の女性の夫婦が2階の寝室で倒れており、その場で死亡が確認された。2人の遺体にはともに顔や首に刺し傷があり、県警が殺人事件として捜査している。

 県警によると、遺体で見つかったのは、会社員小林光則さん(48)と、妻でパート従業員の美和さん(50)。通報は美和さんからだったとみられるという。この家は夫婦と大学生の長女(21)、中学生の長男(13)、小学生の次女(11)の3人の5人暮らし。3人のうち、長男と次女がけがをしていて、病院に搬送された。

 現場は千葉県野田市との県境近くで、畑や住宅が広がる地域。