[PR]

 23日午前3時半ごろ、佐賀市川副町の民家で「夫と息子が倒れている」と女性(44)から119番通報があった。佐賀県や佐賀広域消防局などによると、この家に住む男性(48)と息子(20)が意識がもうろうとした状態になっており、通報した女性も含め3人が病院に運ばれた。台風17号の影響で停電し、22日午後11時ごろから窓を閉め切った室内で発電機を使っていて一酸化炭素中毒になったとみられる。命に別条はないという。

 九州電力によると、22日午後11時のピーク時で、佐賀県内で約2万4千戸、九州全体では約14万8千戸が停電した。23日午前9時現在、九州全体で約4万1千戸で停電が続いている。