転落防止柵触れる人「いけずやわぁ」 笑いにくるみ訴え

有料会員記事

小林裕子 写真・遠藤真梨
【動画】全盲の落語家・桂福点さん 駅ホームの転落事故防止を創作落語で訴え=遠藤真梨撮影
[PR]

ひと

駅ホームの転落事故防止を創作落語で訴える全盲の落語家、桂福点さん(51)

 視覚障害者が駅ホームから転落する事故を防ぎたい。全盲の落語家、桂福点さん(51)は鉄道会社や盲学校などで安全対策を訴える際、創作落語を披露する。切実な思いを笑いにくるんだ「落ちない噺(はなし)」だ。その誕生の裏には、鉄道好きで落語ファンだった心優しい一人の男性の存在があった。

 駅の転落防止のホーム柵に触…

この記事は有料会員記事です。残り559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら