[PR]

 囲碁の史上最年少プロ棋士、仲邑菫(なかむらすみれ)初段(10)が23日、大阪市中央区の関西棋院であった第14回広島アルミ杯・若鯉(わかごい)戦の予選準決勝で、宮本千春初段(25)に敗れた。この日の予選1回戦では羽根彩夏(はねあやか)初段(17)に時間切れ勝ちし、公式戦の連勝を4まで伸ばしていたが、更新はならなかった。

 若鯉戦は若手棋士(30歳以下で七段以下)による棋戦で、1手30秒の早碁。

 午前10時から始まった予選1回戦は、終盤になって激しい競り合いになった。両対局者は、一手打つたびに対局時計を押し、秒の進行を止める必要があるが、最後は羽根初段が対局時計を押すのを忘れてしまい、仲邑初段が黒番343手時間切れ勝ちした。

 終局後、仲邑初段は「難しい碁でした」とコメント。一方の羽根初段は「中盤まではいいと思っていたが、終盤のヨセで追いつかれてしまった」と話した。

 日本棋院囲碁チャンネルで解説…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら