[PR]

 台風15号で千葉県に大きな被害が出てから23日で2週間。千葉県東部の山武(さんむ)市では一時、総戸数の約6割が電気を断たれた。特産の山武杉(さんぶすぎ)が次々と倒れて電線や電柱を直撃、停電は広範囲で10日以上つづいた。林業の衰退で放置されたスギに病気が広がったことが背景にある。

 スギの倒木が路面を埋め尽くし、電線や電柱にもたれかかる。9日の台風通過後、面積の約3割を森林が占める山武市のあちこちに、そんな光景が広がっていた。停電が解消された23日になっても、電線などの補修作業が続いた。

 市の山間部の民家は杉林の中に点在し、林に沿うように電線がつながる。そこに倒木が相次ぎ、停電が広がったとみられる。

 東京電力パワーグリッド千葉総支社によると、同市では9日、山間部を中心に、総戸数2万9600戸のうち最大1万7700戸が停電。同社が市全域での復旧を確認したのは、21日午前0時47分だった。

 「終戦直後のような暮らしだった」

 山間部で落花生を作る男性(81)は、10日以上続いた停電をそう振り返る。

 幸い、ガスと水道は使えた。夕食は日没前の午後5時ごろから取り、暑い日はエアコンのきいたマイカーに家族交代で入った。トイレはバケツにくんだ水で流した。「人工衛星が飛ぶ時代に電気が来なくなるとは。東電の発表通り27日まで停電が続いたら、死人が出ていたかも」と話す。

 同市植草の女性(72)は、19日に電気が復旧するまでは「置き去りにされたかと思った」という。車で十数キロ運転して大型入浴施設に行くのに疲れ、ガソリン不足に気をもんだ。杉林に囲まれたニンジン畑の作業小屋は倒木で潰れた。どうやって撤去すればいいのか。「これからが大変」と途方に暮れる。

蔓延する病気が倒木を拡大

 県によると、山武市周辺では250年以上前から特産の山武杉が植林されている。幹が真っすぐで太さに偏りがないため、建材などに使われてきた。

 ただ、菌により幹の外側が腐る「スギ非赤枯性(ひあかがれせい)溝腐病(みぞぐされびょう)」にかかりやすい弱点もある。山武市では今回、溝腐病のスギが、7~8メートルほどの高さでポキンと折れる様子が各地で見られた。

 倒木が相次いだ理由について、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら