[PR]

ラグビー トリビア

 ラグビー高校日本代表で故・平尾誠二さんと一緒にプレーし、早稲田大学ではいぶし銀のフランカーとして活躍した恵藤公浩記者(57)。早大の司令塔、スタンドオフ(SO)として巧みなパスと左足のキックを操り、1986年度の全国大学選手権決勝にも出場した森田博志記者(55)。かつて臙脂(えんじ)と黒のジャージーを着て世間を沸かせた2人の記者が、ラグビーのルールや魅力を緩く、深く読み解きます。

 ラグビーの正式名称はラグビーフットボール。肉弾戦はこの競技の魅力だが、「フットボール」の名がつく通り、キックが試合の流れを左右することがある。昨今、組織的な防御がますます強固になり、投げてつなぐパスで突破することが難しくなっている。キックの重要性は増すばかりだ。

 楕円(だえん)のボールは、どこに転がるかわからず、人生にも例えられてきた。今のトップレベルのキッカーには、そんな言葉はもう、似合わない。蹴る時に回転をかけるなどし、楕円球を自在に扱う技術がある。

 「スクリューキック」は、ボー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも