[PR]

 23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の会社員小林光則さん(48)宅から「助けて」と110番通報があった。警察官が駆けつけたところ、光則さんとパート従業員の妻美和さん(50)が心肺停止の状態で見つかり、その場で死亡が確認された。2人の遺体には顔や首に鋭利な刃物で刺されたような傷があり、県警は殺人事件として捜査を始めた。

 県警によると、2人は2階の寝室の布団の上で血を流して倒れているのが見つかっており、就寝中に襲われた可能性が高いという。妻の美和さんが110番通報した。

 この家は、光則さん夫妻と大学3年の長女(21)、中学1年の長男(13)、小学6年の次女(11)の3人の5人暮らし。2階の子ども部屋に寝ていた長男は両足と腕に切り傷を負い重傷、次女は両手に痛みを訴えて病院に運ばれたが、2人とも命に別条はないという。1階に寝ていた長女にけがはなかった。

 捜査関係者によると、次女は救急隊員に「催涙スプレーのようなものをかけられた」と話しているという。室内には特に荒らされた形跡はなく、凶器は見つかっていない。住宅には無施錠の場所が複数あったといい、県警は何者かが侵入し、一家を襲ったとみている。また、県警が付近を捜索したところ、住宅の外にスリッパが落ちていた。容疑者が夫婦を襲った後、スリッパを履いたまま外に出て、脱ぎ捨てた可能性があるとみて、関連を調べている。

 現場は千葉県野田市との県境近…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら