[PR]

ラグビー トリビア

 ラグビー高校日本代表で故・平尾誠二さんと一緒にプレーし、早稲田大学ではいぶし銀のフランカーとして活躍した恵藤公浩記者(57)。早大の司令塔、スタンドオフ(SO)として巧みなパスと左足のキックを操り、1986年度の全国大学選手権決勝にも出場した森田博志記者(55)。かつて臙脂(えんじ)と黒のジャージーを着て世間を沸かせた2人の記者が、ラグビーのルールや魅力を緩く、深く読み解きます。

 前回に引き続き、密集戦の話。ボールを持った選手と、突破を阻もうとする選手がぶつかる。そこからボールの争奪戦が始まる。

 攻撃側は、連続して攻撃をしたい。そのために大事なのは、最初に当たる選手と、その「衝突現場」に次に到達する選手の動きだ。

 ボールを持ち込んだ選手は、倒されても、自分の体を「壁」にしてボールを守り、後からやって来る味方が見える場所に置く。次の選手は低い姿勢でその上にしっかり立って相手と組む。そうすれば、まず確保できる。

 最悪なのは、ボール保持者が棒…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも