[PR]

 米証券取引委員会(SEC)は23日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の報酬額を1億4千万ドル(約150億円)以上も過少に開示していたとして、ゴーン前会長、前代表取締役のグレッグ・ケリー被告、法人としての日産自動車に対し、詐欺罪で起訴の手続きに入ったと発表した。

 またSECは同時に、ゴーン前会長とは100万ドルの制裁金支払いと、10年間は企業の役員や取締役に就かないことなどで和解。ケリー氏とは10万ドルの制裁金支払いと5年間は企業の役員などに就かないことで和解した。日産とは1500万ドルの制裁金支払いで和解した。ケリー被告を含む3者とも、SECが指摘した不正に対する認否は避けつつ、和解に至ったという。

 SECの発表によると、日産の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら