[PR]

 プロ野球・巨人の阿部慎之助捕手(40)が今季限りで現役を引退する意向であることが24日、わかった。近く記者会見を開く。

 阿部は千葉県浦安市出身。東京・安田学園高から中央大へ進み、2000年、当時の逆指名制度のもとで巨人への入団を希望。ドラフト会議で巨人から1位指名を受けて入団した。

 長く強打の捕手として活躍し、10年は44本塁打をマーク。新人時代から昨季まで、18年連続で2桁本塁打を記録している。12年には打率3割4分、104打点で2冠を獲得した。

 チームの精神的な支柱でもあり、07年から14年までキャプテンを務めた。肩の衰えと、打力を生かすとの理由で15年からは一塁手へ転向。17年にはプロ野球史上49人目の2千安打を達成した。

 今季は4年ぶりに復帰した原監督に捕手への再転向を直訴。守備位置争いには敗れたものの、開幕から代打の切り札として存在感を発揮した。6月には史上19人目の通算400号本塁打を達成。8月以降は「5番一塁」での出場が増え、チームの5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

 23日現在の通算成績は2279試合、2131安打、405本塁打、1284打点、打率2割8分4厘。