[PR]

 サウジアラビアの石油施設が攻撃された問題で、英国のジョンソン首相とドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領は23日、イランに責任があるとする共同声明文を発表した。

 3首脳は国連総会が開かれている米ニューヨークで会談後に声明文を発表した。「攻撃の責任がイランにあることは明らかだ。それ以外に理にかなう説明はない」と主張。「さらに詳細が明らかになるよう、調査を支援する」と述べた。

 3首脳はまた、米英仏独中ロ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら