[PR]

患者を生きる・眠る「遺族のうつ」(4)

 妻を2017年11月に亡くし、その後、うつ病と診断された福島県いわき市の男性(81)は、抗うつ薬で治療を始めた。ただ、長い時間を一緒に過ごした妻を亡くした喪失感は大きかった。

 離れて暮らす長男(60)らに付き添われ、18年夏から埼玉医大国際医療センター(埼玉県日高市)の遺族外来に通った。

 当初の受診は10日に1回。診…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら