[PR]

 福島県庁1階のガラスが割られているのが24日までに見つかった。定時巡回していた警備員が23日夜に気づき、県は通報した。

 割られたのは、本庁舎1階の正面玄関1枚と、東側玄関2枚の計3枚のガラス。県施設管理課によると、23日午後11時ごろに警備員が気づき、24日午前8時半ごろ県警に通報した。23日午後7時の巡回の際は異常がなかったという。

 県庁の敷地内には休日でも出入りできる。正面玄関の外側にガラスが飛び散っており、内側には傘が散乱していた。県は、庁舎に不審者が立ち入ったり、ものが盗まれたりしていないか確認している。内堀雅雄知事は定例会見で「異例の事態なので状況を重く受け止めている」と語った。