[PR]

 茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、住宅のそばに落ちていたスリッパに血痕とみられるしみがついていたことが24日、捜査関係者への取材でわかった。県警は、容疑者が室内で足跡が残らないようにスリッパを履き、そのまま外に出て脱ぎ捨てた可能性があるとみて調べている。

 事件は23日未明に起き、この家に住む会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が、寝室の布団の上で顔や首を刃物のようなもので刺され、心肺停止の状態で発見された。中学1年の長男(13)が両足などを切られ重傷、小学6年の次女(11)は両手に軽傷を負った。

 捜査関係者によると、スリッパは住宅から約20メートル離れたやぶの中で見つかった。住宅には、窓が割られたり、鍵が壊されたりする被害は確認されていない一方で、1階と2階の窓などに無施錠の場所が複数あったという。県警は、容疑者が無施錠の場所から侵入し、スリッパを履いて夫婦を襲った後、外に出た後に脱ぎ捨てて逃げた可能性があるとみて、DNA鑑定などで関連を調べる方針。