[PR]

 16歳の声は、大人たちへの怒りで震えていた。

 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん。昨年8月、同国議会前で一人で「学校ストライキ」を始めた。多くの若者がグレタさんに続き、今月20日には日本を含む160カ国以上で400万人以上がデモに加わった。

 そして迎えた23日、ニューヨークの国連本部であった気候行動サミット。グレタさんは各国政府代表をにらみつけ、拳を振りかざし、強い口調で責めた。目には涙が浮かんでいるように見えた。

 「間違ってる。私はここにいるべきじゃない。海の向こうの学校に戻るべきだ」

16歳の発した大人たちへのストレートな怒り、そして失望。どう受け止めるのか、いま私たち自身が問われています。演説の翻訳全文とともに振り返ります。

 国連で最も広い総会議場に声が響き、演説は続く。

 「あなたたちは私の夢を、子ど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら