[PR]

 山形県川西町のJR米坂線・羽前小松駅で保護されていた迷い猫「しょこら」が、近く「駅長」に就任する。野良猫として悲しい運命をたどる可能性もあったが、駅を管理するNPO法人の猫好きスタッフが保護。駅舎で面倒を見ているうちに、駅を利用する町の人にも愛され、晴れて「大出世」することになった。

 9月25日朝。駅窓口のカウンターに乗ったしょこらが、改札口を通る乗客をりんとした表情で見つめていた。首からは「研修中」の札。高校生やお年寄りが笑顔でそっとなでていく。

 「来月、駅長になります」。NPO法人の事務局長で、飼い主の細谷絵里子さん(38)が声をかけた。

 しょこらは推定2~3歳。グレーと白の毛並みから、保護された直後に「しょこら」の愛称が付いた。駅長就任決定を機に、同町の花ダリアを読み込んで「ショコ・ラ・ダリヤ」が本名に。響きは女の子だが実はオス。毛が長く、去勢済みだったため、しばらく気づかれなかった。

 米坂線は、米沢駅(米沢市)と坂町駅(新潟県村上市)を結ぶ90・7キロのローカル線。羽前小松駅の利用客は1日200~300人で、地元のNPO法人「えき・まちネットこまつ」が切符の販売など駅舎の管理と運営を担う。

 しょこらが来たのは5月中旬。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら