高円宮妃久子さまは24日、山県市と揖斐川町を訪れ、「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」(日本スポーツ協会など主催)を観戦した。

 原則35歳以上の人が参加する全国大会で、岐阜県で初めて開かれた。久子さまは揖斐川町で、ソフトボールの試合を笑顔で見守った。説明役を務めた日本ソフトボール協会の高橋清生副会長によると、ゴルフの全英女子オープンを制した渋野日向子選手がソフトボール経験者だったことが話題になったという。県ソフトボール協会の岩井豊太郎会長は「これを機にソフトボール人口を増やしたい」と話した。(山野拓郎)