[PR]

 小泉進次郎環境相がニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで、「気候変動問題に取り組むことはきっとセクシーでしょう」と英語で述べ、国内外で波紋を呼んだ。セクシーという言葉は、政治家として適切だったのか。

 発言は22日朝(日本時間23日)の非公開会合後、主に英語で質疑が進んだ記者会見で飛び出した。出席が認められたのは海外の主要メディアと、日本からは新聞・テレビを代表して読売新聞とテレビ朝日だった。「セクシー」という言葉は、同じ会見に出席した国連気候変動枠組み条約前事務局長のクリスティアナ・フィゲレス氏が先に使ったという。

 小泉氏は23日、記者団に「セクシー」発言の真意を問われ、「それをどういう意味かって説明すること自体がセクシーじゃないよね」と話した。「対策としてクールは分かるがセクシーは会見で聞き慣れないのでは」との問いにも、「だからそれを説明すること自体がセクシーじゃないよね」とほぼ同じ言葉を重ねた。

 発言は、ロイターが「sexy」を見出しにとり、「どう指導力を発揮するのかという点で詳細は語らなかった」と報じるなどした。国内ではツイッターで「キャッチーな表現だけれど、何をしたいのかわからない」「計画的にしっかり行動で示すとだけ言えばいい」といった声が上がった。

■「米国でも使う」との趣旨で投…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら