パパ活「普通の子がバイト感覚で」 大学生が追った実態

有料記事

中塚久美子
[PR]

 中高生らがSNSを通じて知り合った大人と会い、デートや性的行為の見返りに金銭を求める「パパ活」。バイト感覚で始める子もいるが、児童買春など犯罪の温床になっている。子どもの性被害を防ごうとする取り組みに、SNSの研究をする大学生らが協力している。

大学生がパトロール

 「明日パパ活できる人探しております! ほんとにお金がないのですがお小遣いくれるとうれしいです #パパ活兵庫」

 8月中旬、ツイッター上の書き込みを見つけたのは、兵庫県立大(同県姫路市)に通うソーシャルメディア研究会の学生ら。

 メンバー約70人のうち11…

この記事は有料記事です。残り1166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません