[PR]

 外食でも食生活に気を付けてもらおうと愛知県瀬戸市は、市内の飲食店5店の料理5品を、健康を意識したメニューに認定した。基準を満たした項目をオリジナルキャラクター「めたぼうし」のイラストで表示。「ミシュランガイド」さながらに市民に分かりやすく関心を持ってもらうねらいがある。

 この事業は「せといきいき健康グルメ」と名付け、店内の全面禁煙が絶対条件。①エネルギー量が650キロカロリー未満②塩分3グラム未満③瀬戸市産の食材を使用④野菜使用量120グラム以上⑤主食・主菜・副菜がそろっている――という地産地消や健康に配慮した五つの基準のうち三つ以上を満たしたメニューを認定した。厚生労働省が推奨する目安などから基準を定めた。

 管理栄養士が考案した「せいろ蒸し減塩ハンバーグ」(カフェ ド ブラザーシップ)や旬の野菜を使った「陶板焼」(定食屋なすび)、公立陶生病院内で食べられる「減塩御膳」(クロス ワン)の定番メニューに加え、新たに開発された「薬膳ランチ」(薬膳茶ソイビーン フラワーatきらら)と「ロコモコヘルシーおからハンバーグ」(カフェandキッチン オノハワイアン)の計5品。10月から提供が始まった。

 各店舗ではチラシを掲示し、P…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら