[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日夜、「オールブラックス」の愛称で知られるニュージーランド(NZ)がカナダ代表と対戦する。NZがキックオフ前に披露する儀式が、先住民マオリの伝統の踊り「ハカ」。本国では、試合そっちのけで話題になることもあるという。

 三角の陣形に並んだ選手が、舌を出し、目を見開く。獰猛(どうもう)さや情熱を示すその表情はマオリ語で「プカナ」と言い、ハカを特徴づける大事な要素だ。

 NZ代表チームが試合前に初めて披露したのは1905年にまでさかのぼる。今大会でハカのリーダーを務めるペレナラ選手は踊りの目的を「その土地とつながり、エネルギーを得るため。感謝と敬意を示すためでもある」と話す。

 ハカはNZでは卒業式や結婚式…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも