【動画】夫婦が死亡しているのが見つかった住宅=遠藤雅彦撮影
[PR]

 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、重傷を負った中学1年の長男(13)が「暗くて顔は見えなかったが、自分を襲ったのは1人だったと思う」と話していることが24日、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、長男は、夫婦が寝ていた2階の寝室から一つ部屋を挟んだ子ども部屋で、小学6年の次女(11)と2段ベッドで寝ていたところを襲われたとみられる。両足と腕を切られ、重傷を負った。ベッドの下段に長男、上段に次女が寝ていたという。長男は「いきなり襲われた。怖かった」と話しているという。次女は催涙スプレーのようなものを両手に噴射され、軽傷を負った。

 事件当時、大学3年の長女(21)は1階の部屋で寝ており、事件について「物音とサイレンの音で気づいた」と話しているという。県警は、容疑者が単独か複数かや、家族を襲った順序など、殺傷の経緯を調べている。