[PR]

 伊勢湾台風60年に合わせ、名古屋市博物館(瑞穂区)が、被災者らから寄贈された写真や日用品などを紹介する特別展を開いている。展示品には、被災前後の同じ街を撮影したパノラマ写真がある。市博物館は「普通に暮らしていた生活が、その後どうなったのかが分かる貴重な写真だ」と言う。

 特別展では、被災した市民らが撮影したものなど約70点の写真が展示されている。住宅地に大量の材木が流された様子や負傷者の手当てをとらえたカラー写真も残る。日記や家族アルバム、泥水につかった食器といった日用品のほか、市立白水小学校(南区)の児童らが書いた被災体験の作文集も公開している。

 そのなかに、11枚をつなげたパノラマ写真がある。被害が大きかった南区柴田本通の様子を記録したものだ。

 当時北区に住んでいた元タクシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら