[PR]

 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が殺害された事件で、けがをした長男と次女が「帽子をかぶりマスクをつけた人に、無言で襲われた」と話していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 県警によると、中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)は、夫婦が襲われた2階の寝室から一つ部屋を挟んだ子ども部屋の2段ベッドに寝ていた。長男は両足と腕を切られ重傷で、次女は催涙スプレーのようなものを両手に噴射された。

 捜査関係者によると、光則さんには胸や首、顔を中心に複数の切り傷や刺し傷があり、美和さんも首に複数の傷があった。

 県警は24日夜、司法解剖の結果、光則さんの死因は胸の刺し傷による失血死、美和さんは首を刺されたことによる失血死だったと発表した。2人の傷が深い位置まで達していることから、県警は容疑者が強い殺意を持って襲ったとみている。現場からは凶器とみられる刃物は見つかっていないという。