[PR]

 ローソンは25日、公式ホームページ(HP)とスマートフォンのアプリを管理しているサーバーが不正な攻撃を受け、HPとアプリのサービスを一時停止したと発表した。攻撃元の解明を進めるとともに防御策の対応を急いでいる。広報担当者は「個人情報の流出や不正使用の恐れはない」としている。

 ローソンによると、24日午後8時ごろ、HPを開く際に時間がかかりすぎることなどから調査を進めたところ、不正アタックによるものと判明したという。すぐにアクセスを遮断し、HPやアプリの閲覧ができない状況にした。