[PR]

 ラーメン店「スガキヤ」を運営するスガキコシステムズ(名古屋市中区)は25日、10月の消費増税に合わせ、ラーメンやソフトクリームなど主力の17商品を10~30円値上げすると発表した。一方、トッピングなど約半数のメニューは価格を据え置き、客足への影響を小さくする考えだ。

 ラーメンは税込み320円から330円、ソフトクリームは150円から160円になる。一方、「お子様セット」(税込み490円)や、ラーメンや五目ごはんが少しずつ食べられる「まるごとミニセット」(同590円)など23品は価格を据え置く。

 増税後の消費の落ち込みを抑えようと、新メニューも投入する。10月1日から、かつて人気だった「天ぷらラーメン」(同450円)を40年以上ぶりに復活。ラーメンの上に、約15センチのエビの天ぷらがのっているのが特徴だ。

 軽減税率の8%が適用される持ち帰り商品の「ラーメンこしょう」と「お土産五目の素」は、販売を12月まで中止する。店内飲食の10%と税率が異なり、レジの改修が必要だが、改修が間に合わなかったという。

 スガキヤは、和風とんこつ味のラーメンで知られ、愛知県内を中心に別業態も含め約330店(10月1日時点)を展開している。(石塚大樹)