[PR]

 妊産婦の口の中の健康を守るため、日本産科婦人科学会(日産婦)と日本歯科医師会がタッグを組んだ。9月25日から日産婦が監修するスマートフォンアプリ「Babyプラス」に、歯科医師会が作った「予防歯科ガイド」が配信されている。アプリは無料でダウンロードできる。

 歯ぐきに炎症が起こる歯周病は、早産や低体重児の出産のリスクを高めるとされる。炎症物質が子宮に影響を与えることなどが原因と考えられている。

 妊娠中はホルモンの変化で、唾液(だえき)の分泌が減るなどし、ふだんより口の中のトラブルが起きやすい。つわりで歯ブラシをくわえるのがつらい、歯科治療がおなかの赤ちゃんに影響がないか不安という妊婦もいる。

 両学会は今年1月、「妊産婦への予防歯科」を進める覚書に調印。最初の企画として、アプリで情報発信を始めた。妊娠初期、中期、末期ごとに必要な口腔(こうくう)ケアの情報を載せた。妊婦が不安に思う歯科治療での麻酔やX線、薬の使用への疑問にも専門家が答えている。地域ごとの歯科医情報や赤ちゃんの口腔ケアについても追加していく予定という。堀憲郎・歯科医師会長は「信頼できる情報を、不安になりがちな妊婦に発信できる意義は大きい」と言う。日産婦の木村正理事長は「妊娠中にのんでいい薬もあるし、大半の検査は問題ない。アプリを利用し、口腔ケアの知識や習慣が身についてくれれば」と話す。(水戸部六美)