[PR]

 大蔵村南山の棚田で25日、最上町の冒険家・大場満郎さん(66)が同村の保育園児と続けてきた稲刈りがあった。子どもたちの米作り体験を通じて地域の交流も図ってきたが、園児の減少もあって20年目の今年が最後になる。

 この日は、保育園児10人とその父母、地域の住民ら約30人が参加。佐藤勝さん(72)の約6アールの棚田で、自分たちが苗から育てた稲を鎌で刈り取り、杭がけをした。園児たちも元気に稲を運んだ。

 園児が通う大蔵村保育所と肘折保育所の所長を兼ねる小内仁美さんは「今はコンバインで稲刈りをするので、鎌で刈るなんてめったにない。子どもたちにはいい経験になる。記憶に残ってくれるといいですね」と期待を寄せた。

 大場さんはこの20年間を振り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら